桃の葉本舗

健康茶で健康寿命を延ばせるか

桑の葉茶

「桑の葉茶」の効能 ウソ・ホント

投稿日:

桑の葉を煎じて飲む「桑の葉茶」は、昔からありました。
地域によってはお茶が手に入らず、桑の葉で代用していたとか。

そんな一部地域では昔から馴染みがあった「桑の葉茶」も、いろいろと研究が進んで、意外と“スゴイ”ことがわかってきました。

そんな桑の葉茶のスゴイところを「ウソ・ホント」形式で紹介していきたいと思います。

tunaolger / Pixabay

桑の葉茶で痩せれる?

近年の研究で、桑葉には「1-デオキシノジリマイシン」(DNJ)という成分が含まれていることがわかりました。

DNJは、糖に類似した物質「イノミ糖」の一種で、小腸内で糖を分解する酵素に結合することで、糖の分解を阻害します。

すなわち、炭水化物が糖に分解するスピードが遅くなり、一部は分解されないまま、体内に吸収されず排出されてしまうことになります。

ということで、食事の前後に桑の葉茶を飲めば、体内に吸収される糖が減る分、摂取カロリーも減るのですが、太る・痩せるは
「摂取カロリー」-「消費カロリー」
なので、摂取カロリーが減っても、消費カロリーより上回っていたら、痩せれないです。

毎回の食事に「桑の葉茶」+有酸素運動

なら、痩せれるかもしれませんね。

「桑の葉茶で痩せれる?」というのは、条件によっては「ホント」。

桑の葉茶で糖尿病に良い?

前述の「1-デオキシノジリマイシン」(DNJ)の働きで、炭水化物が糖に分解するスピードを遅くします。
糖への分解が遅くなれば、血糖値の上昇も緩やかになります。

2型糖尿病の場合、α-グルコシダーゼ阻害剤という医薬品が用いられますが、「1-デオキシノジリマイシン」(DNJ)は、天然のα-グルコシダーゼ阻害剤の一つと認識されています。

天然のα-グルコシダーゼ阻害剤には、マイタケやインドのつる植物サラシアマルメロ(サラシア茶の原料)などがあります。

「桑の葉茶は糖尿病に良い?」というのは「ホント」と言っていいでしょう。

桑の葉茶は癌の予防になる?

桑の葉茶が癌予防になるとは、確認されてません。
確かに、桑の葉には抗酸化物質が豊富で、それは癌細胞の発生リスクを抑えることにつながります。
だからといって、癌にならないという保証にはなりません。

癌のリスクは、生活習慣の様々な要因によって起こります。
ただ、癌のリスクを抑える環境を作るのには、桑の葉茶は役立つでしょう。

桑の葉茶は、抹茶のように粉にして、それをお湯に溶かして飲めば、食物繊維を豊富に摂ることができます。
食物繊維は腸内の環境を整え、大腸癌発症のリスクを抑えます。

×「桑の葉茶は癌の予防になる?」はウソですが、使い方によってはホント。

桑の葉茶で高血圧が改善する?

桑の葉茶には、高血圧のリスクを抑えるのに役立つカリウムの含有が比較的多く、継続的に飲めば高血圧改善は期待できます。

ただし、日々の食事で塩分を多く摂取していたら意味がなく、1日の塩分摂取量を6.0g未満に抑えたうえで、桑の葉茶を飲んでいれば、高血圧の改善は期待できるという話です。

「桑の葉茶で高血圧が改善する?」はホント。ただし、減塩も大事です。

桑の葉茶は肝臓・腎臓機能を改善する?

桑の葉茶が「肝臓・腎臓機能を改善する」といった記述をよく見かけますが、根拠が明白ではありません。

桑の葉から見つかった「Q3MG」という成分が肝機能を改善するといわれていますが、「Q3MG」は最近見つかったばかりの成分で、多くの機能が期待できる一方、まだまだ研究途上段階でわからないことも多いのです。

肝機能を「改善する」ではなく、「改善が“期待できる”かもしれない」程度に受け止めておいたほうがいいでしょう。

腎機能の改善についても、詳しいことはよくわかりません。

×「桑の葉茶は肝臓・腎臓機能を改善する?」というのはウソです。(今のところは・・・)

桑の葉茶には副作用がない?

桑の葉茶には副作用はありません。

ただし、桑の葉には糖の分解を抑制する効果があるので、糖尿病で投薬治療を受けている方は注意が必要です。
医師に相談してみる必要があるでしょう。

また、桑の葉を煎じて飲むタイプなら、水やお茶代わりにガブガブ飲んでも問題ないのですが、粉状のものを水やお湯に溶かして飲むタイプの場合は、適量を超えて飲むのは危険です。

何でもそうですが、摂りすぎはよくありません。
桑の葉茶には多くのビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。
ビタミン・ミネラルもそれぞれ適量があります。
それを遥かに超えると、体に悪影響を及ぼします。

他の食べ物との兼ね合いから、桑の葉茶でも適量が大事です。

「桑の葉茶には副作用がない?」はホント。


-桑の葉茶
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした