桃の葉本舗

健康茶で健康寿命を延ばせるか

ヤーコン茶

ヤーコン茶の効能 勘違いしていませんか?

投稿日:

ヤーコンは、南米のアンデス山脈を原産とする根菜ですが、日本でも栽培されているので、馴染みのある食べ物ですね。

日本では、茨城県などで栽培されていますが、ヤーコンを栽培している地域の村おこしのため、ヤーコンを使ったいろいろな商品が開発されています。
また、ヤーコンには機能性食品として優れていることが、いろいろな研究の結果わかってきたので、健康食品としても注目されています。

ヤーコンの葉には、様々な成分が含まれています。
ヤーコンの葉を乾燥させて、お茶のようにして飲むのが「ヤーコン茶」です。

ヤーコン茶には整腸作用がある?

イモ類の場合、根に蓄えられる栄養はデンプンですが、ヤーコンの場合はフラクトオリゴ糖が蓄積されます。
フラクトオリゴ糖は腸内でビフィズス菌の増殖を助ける働きがあります。
大量のフラクトオリゴ糖を含むヤーコンを食べれば、ビフィズス菌が増え、腸内環境を整えることは確かです。

ただ、ヤーコンの葉には、ヤーコンの根ほどフラクトオリゴ糖が含まれていません。
しかも、お茶にして飲むとなると、フラクトオリゴ糖の働きはそれほど期待できません。

残念ながら、ヤーコン茶に整腸作用を期待するのは×
(整腸作用を目的とするなら、ヤーコンの根を食べましょう。)

ヤーコン茶は血糖値の上昇を抑える?

ヤーコンの葉に含まれるクロロゲン酸は、炭水化物をぶどう糖に分解する酵素の働きを阻害します。
これは、ラットでの実験で、ヒトでは効果が確認されてないようですが、クロロゲン酸を多く含むコーヒーをよく飲む人は糖尿病発症リスクが少ないというデータがあることから、ある程度の因果関係はあるのではないでしょうか。

桑の葉茶の「1-デオキシノジリマイシン」(DNJ)やギムネマ茶のギムネマ酸などと同じように、ヤーコン茶も毎食時に飲めば、血糖値の上昇を抑え、糖尿病の予防に効果はありそうです。

ヤーコン茶は血糖値の上昇を抑えるのは

ヤーコン茶は血圧を下げる?

ヤーコン茶には多くのカリウムが含まれているので、高血圧の原因となる塩分(ナトリウム)を排出するのには役立ちます。
ちゃんと減塩していれば、ヤーコン茶を毎日飲むことで、血圧の上昇はある程度抑えてくれるでしょう。

また、ヤーコンの葉には、いろいろなポリフェノールが豊富に含まれているので、抗酸化作用により動脈硬化や脳梗塞の予防も期待できます。

高血圧の方が毎日飲む飲み物としては
「減塩」と「適度な運動」と並行すれば


-ヤーコン茶
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした